胸膜炎

症状と原因

原因はさまざまであり、細菌やウィルス、リケッチア、真菌などの感染によって起こるものや、リウマチなど全身性の疾患が原因となることもある。
症状は原因によって変わり、次のような症状をきたす。細菌やウィルス感染によるもの全身のだるさや動悸、頻脈、不整脈などが起きることもある。
しかし一過性のものなので、見過ごしやすい。軽症のものは心電図の測定をしなければわからないこともあり、ほとんどが自然に治癒するものである。
ジフテリア心筋炎ジフテリア菌の毒素によって心筋に壊死が起こる心筋炎で、最近はほとんどみられなくなった。症状としては不整脈が主で、心臓ショックや突然死に至るケースもあり、患者の50% は死亡する。リウマチ性心筋炎発熱や喉頭痛、せきなどかぜの症状が初期に起こり、進行すると心不全や不整脈が出ることもある。

治療

心筋炎の症状が消えるまで絶対安静にすることが第一である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ