ぎっくり腰

症状と原因

せきをしたり、中腰で重いものを持ったはずみに急に激しい腰痛が起こり、そのために腰の運動が阻害される病気である。特別なきっかけもないのに腰痛が起こる場合もある。

腰痛以外に異常がないのがふつうで、20歳代や30歳代の若い層の人たちにもみられるが、40歳代、50歳代の中年過ぎの人たちに多くみられる。
腰の筋肉の肉離れのほか、腰椎のんざや椎間板ヘルニアなどのような脊椎に異常のある病気、また老人では脊椎の圧迫骨折などが原因として考えられる。腰痛が数日で消滅する場合は、たいして心配する必要はない。

治療

寝るなどして安静を保つことが重要。かためのふとんでいちばん楽な姿勢がいい。コルセットをつけるか、さらしを巻くのもいい。強い痛みがあれば湿布剤を貼る。症状によっては、整形外科医の診察を受ける。温熱療法や腰の牽引療法が効果的だが、鎮痛剤の注射や内服療法なども用いられる。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ