胃酸過多症

胃酸過多とは、病名ではなく、胃の働きが強まって胃酸が過剰に分泌される状態を指すものである。

症状

胸やけやゲップのほか、空腹時に胃の痛み、もたれを感じるなどがおもな症状で、これらの症状は食事をとると解消する。

原因

胃酸は自律神経の支配を受けて分泌されていて、ふつう食事の前後になると分泌量が増加する。また年間では春と秋に分泌が高まり、夏と冬は比較的少なくなる。胃酸過多症は、食べ物が胃に入っていない空腹時に胃酸が大量に分泌され、とくに夜間に分泌量が増加する傾向が強い。

治療

胃液の分泌を抑え、胃のなかの酸性を中和することに重点がおかれる。そのために制酸剤や自律神経遮断剤などが用いられる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ