直腸ポリープ

胃や腸の粘膜がいぼのように突起したものをポリープといい、直腸ポリープには、がんになりやすいものと、なりにくいものなど、さまざまなタイプがある。
肛門の奥の異物感や残便感がおもな症状だが、出血をみることもある。ポリープががん化すると、肉眼でわかる出血はなくても、便に血液が混じっている(潜血)ことが多い。ポリープ切除による細胞診で悪性の有無がわかるが、ポリープの数が1つまたは2つで、小さい場合はしばらく放置して経過をみる場合もある。ポリープの存在が気になって、不安を感じるようなら、思いきって手術で切除し、組織学的にくわしく検査してもらうとよい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください