神経性膀胱機能障害

膀胱を支配する神経に障害が起こり、膀胱が正常に働かなくなる病気である。交通事故などで脳や脊髄が傷ついた場合や、脳出血や脳梅毒などの病気になった場合に起きる。

症状と治療

神経の傷つき方によりさまざまな症状があらわれ、自分の意思とは無関係に排尿が起きることもあれば、膀胱のあたりを強くたたかないと尿が出ない場合がある。薬物による治療は難しく、患者自身が軟性の管を用いて自己導尿する方法がとられる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ