尿崩症

下垂体から分泌される抗利尿ホルモンが不足して、尿の量が大幅に増加する病気である。

症状

尿の量が著しく増える。正常であれば1日1.2~1.5リットルの尿量が、多くは1日5~10リットルに増え、ひどい場合には1日30~40リットルにもなることがある。
当然、体内の水分は不足し、患者は大量の水を欲しがることになる。さらに水ばかり飲むために食欲が減退し、体重が減少する。また脱水症状が続くために、イライラすることが多く、頭痛や吐きけ、めまいなどを訴える。

原因

下垂体周辺の瞳瘍や炎症、外傷などによる抗利尿ホルモンの不足がおもな原因だが、ときには抗利尿ホルモンが正常に分泌されていても、腎臓がそれに反応しないために起きる場合には、原因不明の尿崩症もある。

治療

抗利尿ホルモンを鼻から注入する方法が最も効果的で、1日2~3回これを行うことで、尿量はほぼ正常になる。また意識を失ったり、胃腸障害のために水が飲めなくなることもあるので、その場合にはできるだけ早く点滴により水分を補給しなければならない。なお腫瘍が原因となっている場合には、手術によって腫瘍を取り除く。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ