離断性骨軟骨炎

関節の軟骨の下にある骨組織が死んで、表面をおおっている軟骨と一緒にはがれ落ちる病気である。

症状と治療

ひざやひじに起きることが多く、外傷とも関係があると考えられている。年代的には思春期の男子に多くみられる。また、はがれ落ちる骨片は一個ないし数個で、一度にたくさんの場所からはがれ落ちることはない。治療としてははがれ落ちた骨の摘出が行われるが、完全にはがれ落ちる段階までいっていない場合には、それをもとの骨に固定する手術が行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ