ねんざ

関節がねじれて、靭帯など周囲のやわらかい組織がいたんだ状態がねんざである。足や椀、ひざなどがねんざを起こしやすい場所で、突き指もそのひとつである。

患部のはれや痛み、皮下出血などがおもな症状である。治療法としては、まず氷水などで20分ほど患部を冷やし、その後、冷たい水に浸したガーゼの上にビニールを当て、さらにスポンジや脱脂綿をのせて、伸縮包帯で患部を包み込むように固定する。

この状態で痛みやはれが長く続くようであれば、整形外科医の治療が必要になる。突き指の治療も同様だが、突き指の場合、骨折を伴うことが多いので、必ず医師の診察を受けるようにしたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ