化膿性膝関節炎

症状と原因

ひざの関節に細菌が感染して化膿が起きる病気である。感染の原因としてはひざから水を抜くための関節穿刺や、膝関節周囲の骨髄炎が考えられる。
それ以外の場所に起きた細菌感染が原因となるケースは、乳児期を除くと非常に少ない。症状としては膝関節のはれがみられ、関節の動きが悪くなる。また関節液にはうみが混ざる。

治療

抗生物質が用いられるとともに、うみを十分に出すために関節を切開する。なお、このような治療を行っても症状が軽くならず、関節が動きにくくなったり、ときには完全に動かなくなったりするケースもある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ