多発性神経炎・ギランバレー症候群

どちらも末梢神経が広い範囲にわたっておかされ、四肢の運動まひが左右対称にあらわれる病気である。

症状

手や足の先がしびれたり、感覚が鈍くなったり、筋力が低下、筋肉が萎縮しはじめる。これらの症状は、四肢の末端からしだいに全身に広がる。ギラン・バレー症候群では、軽い発熱や頭痛、のどの痛みのあとに起こる。

原因

化学薬品などをはじめとしたさまざまな中毒、糖尿病などの代謝異常など原因がわかる場合と、原因不明の場合がある。またこのうち、おそらくウィルスが原因だろうといわれているのが、ギラン・バレー症候群である。

治療

原因が明らかな場合はその治療が先決。ギラン・バレー症候群ではステロイド剤の服用が有効である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ