乳管内乳頭腫

症状

一般的な孔管内乳頭旺は乳管開口部より1~2センチのところに発生し、しこりを感じることは少ない。乳頭付近を押すと、乳頭から分泌物が出され、ようやく病変の位置の確認ができることもある。
乳頭から血液や黄色の分泌物が出るようであれば、孔管内乳頭瞳か乳がんの可能性がある。異常な乳頭分泌があれば、専門医の診察を受けることが必要。

治療

異常分泌のある乳管開口部から造影剤を注入してⅩ線写真を撮影。色素を注入すると病変部が染まるため、その部分を完全に切除する。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ