子宮内膜炎

症状

細菌が子宮頸管より上方の子宮に及び、内側の粘膜に感染し炎症が起きる。ひどくなると、さらに上方まで侵入し、卵管、卵巣、腹膜にまで炎症を起こすことになる。おもな症状は発熱、下腹部痛、おりものの増加。

原因

女性が健康な場合、子宮頸管で細菌の侵入を防ぐことができるが、人工妊娠中絶後や流産のあと、産褥期などは細菌が侵入しやすくなる。また、男性の淋菌性尿道炎からの性交感染のほか、最近ではクラミジアなどの病原体による子宮内摸炎が増えている。

治療

治療には抗生物質が有効であるが、生活上の注意として不潔な性交は避けること。とくに人工妊娠中絶後や流産後は十分な休養をとり、出血中は性交を避けることを心がける必要がある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ