子宮内膜症

症状

子宮内膜症は月経時の腰痛、下腹部痛、下痢や便秘などがおもな症状だが、進行すると癒着が起こり、不妊症の原因になったり、卵巣に血液がたまって卵巣のう腫の原因になる。

原因

子宮内部の粘膜が月経のさい、出血しながらはがれ落ちるのは正常なことである。しかし、この子宮内部の粘膜と同じ組織細胞が、子宮筋のなかや子宮の外側、卵巣のなか、直腸の周辺などにあって月経のさいに出血する。
本来子宮の内側にあるべき組織がなぜ違う場所にあるかということはわかっていないが、生まれつきという説と、月経の出血が一部逆流して別の場所に内膜細胞の種をばらまいたという、種まき説がある。

治療

症状が軽い場合は医師の指示により、ホルモン剤を8ヶ月から1年ほど服用すると、効果があらわれる。癒着や卵巣のはれなど、症状が進んだ場合は手術が必要になる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ