カンジダ膣炎

症状

酒かす状の白色の帯下(おりもの)が増量し、強いかゆみをおばえる。外陰部が赤くはれ、性交時に痛むこととじある。

原因

原因はエストロゲンの分泌の減少、不必要な抗生物質の使用、不適当な膣洗浄、異物の挿入により、カンジグなどのカビの一種の真菌が膣内に侵入することで起こる。

治療と生活上の注意

婦人科医と相談し、その指導のもとに治療は膣座薬を1週間使用し、同時に軟膏を併用することもある。また、症状が再発することが多ければ経口剤を使用することもあるが、膣坐薬や軟膏と併用しなければならない。
発病前に性交があった場合、配偶者にも感染している恐れがあるので、生活上の注意として外陰部を清潔にする、
必要以上の抗生物質の局所および全身への使用を避ける、膣の自浄作用が弱まるのを防ぐために、ビデなどで必要以上に洗浄しないということも心がけたい。

膣カンジダ再発の薬はこちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ