子宮頸管ポリープ

子宮頸管の上皮細胞が局所的に増殖してできたもので、子宮腔部に赤い色をした、もろい、ビラビラした組織がみられる。これが子宮頸管ポリープで、そのほとんどは良性の腫瘍である。

症状

おりものの増加、不正出血がある。出血症状からがんではないかとの疑いを持ちやすいが、子宮頸管ポリープであれば外子宮口から赤いポリープが出ているため、専門医によって容易に判断できる。子宮頸管の内膜からのポリープと外層からのポリープがあるが、大きさはいろいろである。

治療

がんの初期と見分けがつかないので、切除して検査する必要がある。ポリープは外来で、くびれた茎の部分で簡単に切除できるが、再発を防ぐには冷凍凝固療法が有効である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ