続発性無月経

今まであった月経がなくなるのを続発性無月経という。妊娠や授乳期間、更年期後無月経になるのは当然である。

原因

最も多いのは、ホルモンの分泌障害によるもの。ストレスや環境の変化など精神的問題によって、一時的に機能が狂ってしまうこともある。
また、長期間過剰にホルモン剤を使ったために、間悩や視床下部、下垂体前葉に異変が生じて起こるものもある。最近問題となっているものとして、若い女性がやせたいために食事を制限することによって起こる無月経もある。

治療

一度でも月経があって止まった続発性無月経の大半は、自然に回復することが多い。しかし、治療が遅れると、子宮が小さくなったり、永久不妊になることもあるので、原因を確かめたうえで、早めに産婦人科で治療することが大切である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ