希発月経・頻発月経

月経周期日数は人によってさまざまだが、基本的な日数の数え方が違っている場合がある。正しい月経周期日数の数え方は、月経の始まった日を第1日とし、それから勘定して次の月経の始まる前日までをいう。正常な月経は周期日数が25~38日程度で、それより短いものを頻発月経、長いものを希発月経という。

頻発月経子宮外妊娠や流産など、妊娠に関係のある病気の疑いがある。妊娠と関係がない場合は、若い女性ではホルモンのアンバランス、中年以上の人では子宮筋瞳などが原因としてあげられる。

未発月経無排卵性月経(排卵がないにもかかわらず、月経のような出血が周期的にあり、思春期・更年期に多くみられる卵巣機能不全の一種)、子宮発育不全、子宮の萎縮などが原因としてあげられ、不妊を訴える人が多い。一般的に過少月経を伴うが、基礎体温をはかり、排卵が確実にあれば、あまり心配しなくてもよい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ