脳性小児麻痺

胎内や出生後の脳の発達過程に生じた脳障害の結果、半永久的ではあるが、それ以上は症状が悪化しない運動障害を起こしたものをいう。頻度はだいたい五500人に1人といわれている。

まひの起こる部位は一定していないで、一肢だけのもの、両側下肢だけのもの、片側上下肢のもの、両側下肢と片側上肢のもの、四肢全部のものなどいろいろある。

症状

周囲への注視があまりみられず四肢の緊張が著しく低下していたり、あるいはかたくなっていたり、また発達の遅れも目立ってくる。
一般には、首のすわりが遅い、哺乳力が弱い、驚きやすい、手の動きが悪いなどの症状が目立つうちに、しだいに手足がかたくこわぱったり、意思とは関係のない奇妙な動作をするようになる。
なかには、てんかん発作、知覚・知能・言語・情緒などの障害がみられることもある。さらに眼球運動の異常(斜視、眼球の上転・下転など)、虫歯の傾向、激しぜんめいいやせ、喘鳴、肺炎にかかりやすい傾向などの症状もみられる。
ただし、知能障害やけいれんはない場合もある。

原因

原因には、出生前後の脳の循環障害(妊娠中毒症・子癇・仮死など)、低酸素症、あるいは新生児重症黄痘などがあるが、未熟児や長びいた分娩、早期破水、胎盤異常に伴う分娩時異常なども誘因となる。
さらに、脳の形成異常や低血糖症、高尿酸血症などの代謝異常、妊娠初期における風疹やトキソブラズマの感染、薬剤の影響、難産による頭蓋内出血、脳炎、髄膜炎、頭部外傷などによって起こることもあり、原因不明の場合も多い。

早期発見法

早期発見による早期治療が大切で、それにはまず、出生時に未熟児であったり、黄疸が強い、なかなか泣かない、けいれんが起きた、などの異常がみられた乳幼児の場合には、特別注意を払わなければならない。また、運動の遅れの有無、筋肉のかたさ、からだがそり返っていないかなどをチェックし、さらに、授乳中や物を食べるときの姿勢や舌の動きがおかしくないかどうかもよく観察する。

治療

運動機能訓練とマッサージ、合併しやすい疾患に対する治療を行う。筋肉の硬直がひどいときには、手術で腱を切り、手足が動きやすいようにする。また、薬によって筋の緊張や不随意運動を抑える方法もある。この病気の子どもに対しては、医療、訓練、心理的カウンセリングなどを総合的に行う施設があり、経費の補助も得られるようになってきているので、これらを利用して、子どもや家庭を少しでも明るく、幸せにするように前向きに考えることが大切である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ