溶血性貧血

赤血球の破壊が克進するために起こる。乳幼児では、比較的少ない。赤血球自体に原因がある内因性と、赤血球以外に起因する外因性とに分けられるが、最も問題となるのが、外因性の新生児溶血性疾患。

母子間の血液型不適合で発症し、母が0型やRH-型で子どもがほかの血液型のときに多い。重症黄痘を伴い、血清ビリルビンの値が一定以上の場合は、すみやかに交換輸血をしなければならない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ