不整脈

脈が極端に速いか遅い、または正しく打たず間隔が乱れているものを不整脈という。ただし子どもは、大人と比べて息を吸うとき脈が速くなり、吐くときに遅くなる傾向がある。これは呼吸性(または洞性)不整脈といい、病気ではないので心配ない。しかし、心室性頻柏、完全房室ブロック、遺伝性QT延長症候群、左脚ブロック、洞不完全症候群、心房細勤、心房細動は危険な不整脈なので、早期治療が必要。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ