先天性完全房室ブロック

1分間に乳児で70以下、幼児では50以下というくらい脈が遅くなる病気である。息づかいが悪くなる、元気がない、肝臓がはれる、むくむ、失神発作を起こすなどの症状があれば、すぐに治療しなければならない。また心電図によりⅠ度・Ⅱ度を決定し、その程度に応じて運動制限が行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ