小頭症・頭蓋縫合早期閉鎖

どちらも乳幼児の頭部が異常に小さいまま大きくならない病気だが、小頭症は脳そのものが小さい病気であり、頭蓋縫合早期閉鎖は頭蓋骨のつなぎ目が早い時期に閉じて頭部が小さいままになってしまう病気である。

小頭症

原因がわからない場合が多いが、母胎内にいたときに風疹などのウィルスに感染したり、薬物や放射線の影響を受けたりしたときに起きることがある。また重い妊娠中毒症や胎児自身の染色体異常、遺伝などによっても起きることがわかっている。

症状としては精神の発達の遅れや注意力・集中力の欠如、けいれん発作などが多くみられる。しかし完全に知能の発達が止まるというわけではなく、根気よく教育と訓練を続ければ、その子どもなりに知能は発達していくので、本人と家族の努力が大切である。なお、抗けいれん剤や精神安定剤、脳刺激剤などが用いられることがある。

頭蓋縫合早期閉鎖

頭蓋縫合が出生前、あるいは生後早期に閉鎖してしまうために、頭蓋腔が発達せず、頭が小さかったり、変形をきたす。閉鎖部の違いにより、舟状頭尖状頭、塔状頑などの型がある。知能障害や目の障害を伴うが、早期に縫合部分を開く手術を行えば予防できる。原因は不明だが、遺伝や妊娠初期の障害によると考えられている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ