急性結膜炎

おもに細菌やウィルス、アレルギーが原因だが、目のこすりすぎ、検査のさいの結膜への刺激、薬品、紫外線、異物などによっても起こることがある。

症状

まぶたがむくみ、白目が充血して涙や目ヤニが出るようになり、乳幼児では発熱を伴うことがある。家族など、身近な人からうつることが多いが、疲労がきっかけとなったり、ホコリのために起こることもある。

治療

眼科医の治療が必要で、原因により抗生物質や、場合によっては副腎皮質ホルモン剤などが用いられる。ふつう、1~2週間で治る。

生活の注意

目を洗うことは刺激ともなり、家族への感染の恐れもあるので、行う必要はない。目やにがついてしまう場合は脱脂綿を湿らせて、そっとふき取るようにする。他人にうつらないように注意すれば、学校は休まなくてもよい場合が多い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ