斜視

症状

何か物を見るとき、片方の目はそちらを向いているのに、もう一方の目は別の方向を向いている状態を斜視という。そのため、両目を使うと物が二重に見えるので、片方しか使わなくなったりする。

種類と原因

斜視には、ずれている目の方向によって内斜視、外斜視、上下斜視があり、乳幼児に多いのは内斜視である。原因としては、生まれつきの両眼視の異常、遠視、視力異常、目の筋肉や神経のまひなどがある。
なお、眼位は正常だが、一見、内斜視に見えぎるものは偽斜視で、これは成長とともに消失するので治療の必要はない。

治療

疑わしい場合は、早急に眼科医を受診し、斜視の種類に応じた治療を受ける。目の病気による視力障害やまひ性斜視では、原因治療が行われる。また遠視が原因の調節性内斜視は眼鐘で矯正できるが、それ以外の斜視の場合は手術が必要となる。早期治療が僚則で、遅れると治りにくい場合がある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ