幽門狭窄症

幽門とは胃と十二指腸の境界部のことで、ここが十二指腸潰瘍などによってひきつれて、幽門部の通り道が狭まってしまう病気である。

症状

軽い場合にはあまり自覚症状はないが、狭窄が進むと胃のもたれや不快感を覚え、ときに嘔吐することもある。これは食べたものが胃から腸にいかず、胃のなかにたまるためである。

原因

十二指腸潰瘍が現任で起きることが最も多い。これは潰瘍が治るときに十二指腸が変形し、そのため幽門に狭窄ができるためである。また幽門部にできた潰瘍や胃がんによっても起きることがある。

診断

X線検査などが.行われる。その場合、造影剤が十二指腸に流れないので、容易に診断できる。

治療

重症の場合には手術が必要である。また栄養補給のために、輸液療法が行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ