ぜんそく様気管支炎

ぜんそくに似た症状がみられる気管支炎で、主として乳幼児に起こる。

症状

ゼーゼーという喘鳴を起こし、軽い発熱を伴うことが多い。せきをすることもよくあるが、比較的元気で、気管支ぜんそくのときのような激しい呼吸困難は少ない。

原因

急性気管支炎、反復性気管支炎、急性気管支炎、アレルギー性気管支炎、乳児のぜんそく、慢性気管支炎、先天性喘鳴などの病気が原因で起こる。

治療

必要に応じて抗生物質やせき止め、気管支拡張剤、去たん剤が用いられる。繰り返しても、治療すれば1年ほどで治る。長引く場合は感染症に伴う気管支ぜんそくのことが多い。

生活の注意

10~20%が気管支ぜんそくになるので、繰り返し症状が出るような場合には、適切な治療を行うと同時に、日常生活のなかで体質の改善に励むことも忘れてはならない。感染の症状がなければ、正常な生活をさせ、ふだんから水分の補給を十分に行う。また、かぜをひかないように、薄着の生活でからだを鍛練することも心がける必要がある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ