書痙

文字を書くときに、手がふるえてうまく書けない状態を書痙という。一度そうした経験があると意識過剰になり、かえって症状が悪化することが多い。治療には一種の自己催眠によって精神的にリラックスさせる自律訓練という方法がとられる。

パーキソン病

四肢のふるえと筋肉の強直があらわれる原因不明の病気である。脳動脈硬化症、一酸化炭素中毒でもあらわれる似たさっな症状を含めて呼ぶ場合には、パーキンソン症候群という。 症状 ある日突然、手足や顔面の筋肉が突っ張ってかたくなる...

ツールバーへスキップ