書痙

文字を書くときに、手がふるえてうまく書けない状態を書痙という。一度そうした経験があると意識過剰になり、かえって症状が悪化することが多い。治療には一種の自己催眠によって精神的にリラックスさせる自律訓練という方法がとられる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ