胸膜炎・膿胸

胸膜(以前は肋膜といわれた) に起こった炎症をいい、胸膜腔に浸出液がたまることが多い。炎症の程度により、乾性胸膜炎、滲出性胸膜炎、膿胸に分けられ、膿胸は胸膜腔にたまった水が化膿菌を含んで膿性の状態をいう。2歳以下の乳幼児に多い。

症状と原因

肺炎に続いて起こることが多く、肺炎の症状に加えて、胸痛がある。

刺されるような鋭い痛みで、深呼吸やせきをすると、さらに痛みは強くなる。痛みがひどいときは、呼吸による動きを少なくしようと、炎症を起こしている側を下にして寝ている。肺炎の経過中に顔色がますます青白くなる、熱が下がらず、食欲不振が続き元気がなくなるなどの症状が出たら、胸膜炎の恐れがある。

胸水がたまると胸痛は消えるが、大量にたまると呼吸困難を引き起こす。結核、リウマチ熟、外傷、まれに胸腔内の悪性腫瘍などから起こる場合もある。リウマチ性では心膜炎や漿膜炎を併発することが多く、熱が高く、胸痛も激しいが経過はよい。1~2週間で熟は下がり、液も吸収されて完治する。

検査と治療

胸部X線、超音波、CTスキャンなどによる検査のほか、胸膜腔に試験穿刺して港出液を検査し、原因を確かめる。原因となっている病気の治療が根本となるが、栄養価が高く、消化のよい食事を与え、癒着防止のための体位変換を行うこともある。
対症療法としては、胸痛に対して鎮静剤などを用いる。胸水の性質によっては、チューブを胸腔内に挿入する場合もある。

予防

肺炎から胸膜炎へ進展させないようにすることが予防の第一。したがって、肺炎にかかったときは、完全に治るまで安静につとめ、栄養に気をつけながら十分な治療を受けることを怠ってはならない。
ブドウ球菌による肺炎の経過中は、十分な治療を受けていても膿胸を起こす場合がある。万一、膿胸を起こしてしまったら、胸膜にたまったうみを早めに出し、抗生物質の服用による治療が行われる。肺炎と同じく、栄養状態を悪くしないように心がけることも大切である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ