飛蚊症

症状と原因

目の前を蚊や煤のようなものが飛んで見える症状が起きるもので、水晶体のすぐ後ろにある硝子体に濁りが入る硝子体混濁が一番の原因となる。
また急に飛ぶものが増えるときは、眼底出血や網膜剥離、ブドウ膜炎などが原因となっていることが多い。

飛ぶものが少し見える程度であれば心配するほどではないが、原因となる病気がある場合はそれを治療することがいちばん。早急に眼科医の治療を受けたほうがよい。
飛蚊症について詳しくはこちら。

アサイーベリーパワー

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください