淋病

症状

潜伏期間は男女ともに2~7日で、男性の場合、尿道にかゆみをおばえるとともに、排尿時に尿道から粘りのある分泌物が出る。病状が進むと、この分泌物に黄色いうみが混ざり、排尿時に痛みを感じたり、尿道口が赤くはれあがったりする。
女性の場合は黄色いおりものが出るが、俳尿時の痛みを訴えることは少ない。しかし放置すれば子宮内膜炎を併発して出血や下腹部痛があらわれた久骨盤腹膜炎の併発で発熱したりする。また膀胱炎を併発することも多い。

原因

淋菌によって起きる尿道炎で、梅毒と並ぶ代表的な性病である。おもに性交によって感染するが、うみがついた下着や手などから感染することもある。

治療

各種の抗生物質を7~10日間内服すれば治るが、性的パートナーといっしょに検査・治療を受ける。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください