前立腺膿瘍

細菌感染によって起きた前立腺炎がうみをもつようになった状態が前立腺膿瘍である。したがって前立腺膿瘍がいきなりあらわれることはなく、前立腺炎から移行するわけである。
感染経路は前立腺炎と同じで、おもに直接尿道から病原菌が侵入して始まるが、皮膚や扁桃など別の場所の化膿菌が血液に運ばれて感染する場合もある。

症状

ほとんど前立腺炎と同じだが、前立腺がかなり進んだ段階なので、すでに微熱などはあらわれず、頻尿や排尿困難が強くあらわれると同時に、寒けを伴った高熱が続くのが一般的である。そして患部のうみが破れて尿道や直腸に排出されると、症状が軽くなる。

治療

前立腺炎に引き続いて抗生物質の服用を行うほか、手術による切開が行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ