非特異性膣炎

症状

非特異性膣炎は一般に症状が軽いのが特徴だが、掻痒感(かゆみ)おりものの増量が起こる。

原因

健康な成人女性の膣は、膣内部に侵入するさまざまな細菌のために膣炎を引き起こしやすい状態におかれているが、一般的には膣の自浄作用により感染は起こりにくい。
膣炎はその自浄作用を損なったときに起こり、非特異性の細菌 の侵入によって起こるのが、非特異性膣炎である。膣内の自浄作用とは、膣内部では常に、強い酸性を示す乳白色のおりものによって、細菌の侵入を防いでいることをいう。
健康な女性で、エストロゲンというホルモンが正常に分泌されている場合は必ず自浄作用が行われている。しかし、膣内に病気を起こす大量の細菌の侵入、エストロゲンの分泌減少、不必要な抗生物質の使用、不適当な陛内部の洗浄、異物の挿入、頸管の分泌物の異常による膣内部の酸性度の低下、糖尿病などの消耗性疾患にかかったときに起こりやすい状態になる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ