糖尿病

一般には尿に糖が出る病気として知られているが、より正確にいえば膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足する病気で、尿中の糖が増加するのはその一症状にすぎない。早期の発見と適切な治療さえ行えば、通常の社会生活を支障なく送れる。

症状

糖尿病は慢性病のなかでもとくに初期症状に乏しい病気で、そのあらわれ方もゆっくりとしている。糖尿病の典型的症状といわれるのどの渇きはりんたいや多尿をはじめ、蟹思惑、体重減少、視力低下、性欲減退といった諸症状も、糖尿病がある程度進んでからあらわれるものと、合併症の症状としてあらわれるものがある。
したがって自覚症状がないまま集団検診で初めて気づくという例が少なくない。なお、こうした症状・傾向はインスリン非依存型の場合のものであって、子どもに多いインスリン依存型では、水を大量に飲む、ぐつたりしているといった症状があらわれて2~3日で急激に発症する糖尿病には型糖尿病(インスリン依存型)と2型糖尿病(インスリン非依存型)の2つのタイプがある。1型糖尿病はインスリンの分泌量が絶対的に不足しているタイプで、とくに15歳以下が多い。2型糖尿病は遺伝的素質をもっているうえに、肥満、食べすぎ、運動不足など生活習慣の蓄積が影響するため、中年以降に多くなる。

診断

症状が急激にあらわれるインスリン依存型の場合は、その症状と血糖値測定によって診断し、治療を開始する。インスリン非依存型も症状と血糖値が診断の材料となる。

しかし症状がないことも多いため、ブドウ糖負荷試験や眼底検査、血液検査、胸部X線撮影などによって、糖尿病の有無や重症度、合併症の有無などを判断する。

合併症

糖尿病の恐ろしさは、さまざまな合併症を引き起こし、ときには生命の危険までまねくことにある。合併症のなかで最も多いのが神経痛や発汗異常、インポテンスといった神経障害で、次いで多いのが眼底出血に代表される網膜症である。

糖尿病性腎症などの腎臓障害がこれに続き、放置すれば心不全や尿毒症などの危険な病気にまで発展する。このほか脳出血やこ、つそく脳梗塞、心筋梗塞なども多く、また細菌などに対する抵抗力の低下から肺炎や敗血症などにもかかりやすくなる。そのほか糖尿病を放置したり、治療をしても不十分な場合には糖尿病性昏睡に陥ることがある。これはのどの渇きや多尿、脱力感といった症状に加え、腹痛、嘔吐が2~3日続いたのち、しだいに意識を消失するもので、手当が遅れると死亡することになる。

治療

インスリン依存型の場合はインスリン療法が中心となり、インスリン非依存型では食事僚法を中心に血糖降下剤などを用いる。ただしインスリン依存型またはインスリン療法を必要とするインスリン非依存型でも、基本となるのは食事療法であり、これを守ることが治療の第一歩である。

その食事療法だが、糖尿病の場合、摂取する総カロリーの制限に重点がおかれる。その範囲内で栄養のバランスがとれていれば、とくに食べてはいけないものはないので、かなり自由な食生活が送れる。

ちなみに1日に摂取できる総エネルギー量は、中肉中背の人であれば体重1kgあたり30kcal、肥満ぎみの人で20~25kcalとされている。

日本糖尿病学合から出されている「糖尿病治療のための食品交換表」は80kcalを一単位としていろいろな食品が糖質、たんばく質、脂肪などに分類されている。主治医から指導を受けながら、この表を使って食生活を組み立てればよいだろう。また、食事療法に加えて、運動療法も大切。運動を根気よくすることによって、血液中のブドウ糖の利用が促進され、血糖値は下がる。しかし、一生継続できるものでないと意味がないので、いつでも、どこでも、ひとりでできる運動を選びたい。早足での散歩やラジオ体操などがよいだろう。ただし合併症のあるときは、医師に相談すること。そして薬物療法を主体とするか、インスリン療法を行うか、医師の指示を受ける。

糖尿病について外部リンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ