プール熱

夏かぜの一種で、アデノウィルスなどが原因。プールの水を介して感染することが多いのでプール熱と呼ばれる。

症状と治療

発熱とともに、結膜に炎症を起こして充血したり、咽頭炎のためにのどが痛んだりするが、急性咽頭炎だけのこともある。

治療はかぜに準じるが、それだけでなく結膜炎の治療も必要となる。家庭では静かに休ませること。
これらの治療を行えば、3~4日で熟は下がり、結膜炎も徐々に治っていく。

予防

プールで感染することから、プールに入ったあとは、水で目をきれいに洗い、うがいも十分にすることが予防になる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ