喉頭ジフテリア

ジフテリア菌に喉頭をおかされたものを喉頭ジフテリアという。幼児に多く、声がかすれる、イヌの吠えるようなせきをする、呼吸困難になるなどの症状がみられる。
これは喉頭部の偽膜形成によって起こるものである。この偽膜は外からは見えない。治療は、咽頭ジフテリアと同じ。ただし、窒息の恐れのある場合は、すぐに気管切開を行わなければならな

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ