急性気管支炎

咽頭や喉頭の炎症が気管支まで及んだものをいう。

症状と原因

はじめは鼻かぜのような症状とともに発熱。コンコンと乾いたせきが出るが、しだいに湿ったせきに変わる。せきのたびに胸が痛むこともある。

やがてたんを伴い、ゼーゼーと喘鳴が開かれることもある。通常、気管支の症状が4~6日続き、熱が下がっても1週間、せきとたんが続く。ウイルスによる感染が多く、マイコプラズマや細菌も原因となる。

治療

去たん剤や気管支拡張剤、せき止め、抗生物質などが用いられる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ