単純性ヘルペス

ヘルペスウイルスⅠ型が原因で起こり、1~5歳で初めて感染することが最も多い。

症状

小さな水疱が口のなかや唇、鼻の入り口などにいくつもでき、急速に破れて、びらん、潰瘍となり、白い偽膜をつくる。ときには扁桃、咽頭にも及ぶが、1~2週間でだいたい治る。
高熱、全身倦怠、よだれ、口内痛、咽頭痛があり、そのために食事がとれなくなることもある。

治療

乳幼児は重症化しやすいので早めに皮膚科へ。口にでき、痛みで十分な食事ができないときは、冷たい流動食、半流動食を与える。
重症の場合は疼痛のため、飲食ができず、脱水症状が強くなり、入院が必要となることもある。アシクロピルが有効である。

乾癬、帯状疱疹などの皮膚病に負けない免疫力を

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ