指しゃぶり

指しゃぶりは赤ちゃんにとって珍しいことではない。一般に生後一上一年の間に最も激しくなり、大半は3歳ごろまでに治ってしまう。

ごくふつうの意味でのくせのひとつと考えられるが、不十分な授乳や下の子の誕生、通園などのストレスがきっかけで始めることもある。それほど神経質にならず、ほかのものに関心を向けるようにすると、自然に治ることが多い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください