脂漏性皮膚炎

かつては脂漏性皮膚炎と呼ばれていた病気で、皮脂腺の分泌異常によって起きる皮膚炎である。

症状

黄色いかさぶたのようなものができるのが特徴だが、それができる場所は限られている。乳児の場合なら髪の毛におおわれた頭部や眉毛、成人では、そのほかに耳の後ろや鼻のわき、わきの下、股など、皮脂腺の活動が活発な部分で、これらの場所は脂漏部位と呼ばれる。
かゆみはそれほど強くなく、乳児の場合は1~2週間で治癒し、アトピー性皮膚炎と違って再発しない。ただ成人の場合は再発することがあり、また治りにくい傾向がある。

治療

症状が進むと家庭での治墳はむずかしいので、皮膚科慄の診察と治療続けることが完治への近道。竹りにも注意したい。ハ#内がホコリ「訂く軌物などの毛か落ちていたり、刺激の強いものを好んで食べたりすれば、それだけアレルギーが起こりやすくなる。直射日光は病気を悪化させるので、避けるようにしたい。また入浴のさい、石けんは軽くつける程度にし、湯上がり後はすぐに薬をつけるようにする。疲労が重なっても柄気が悪化するので、注意が必要。

関連リンク

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎用のロングセラースキンケア用品「美肌精油ジェル」は3点セットで使う

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ