歯周炎

歯を取り囲む歯周組織に起こる炎症性の病気を総称して歯周疾患といい、大きく分けて、歯肉炎(炎症が歯肉に限られている)と、いわゆる歯槽膿漏症とがある。しかし、本来の歯槽膿漏症は歯がグラグラしていることや、うみが出ることなどを主症状とした病気に与えられた名称で、いろいろな症状がある歯周疾患の一時期の状態にすぎない。
そのため現在では、歯槽膿漏症とは呼ばずに、歯科的には歯周炎という名称で呼ばれるようになっている。
歯周疾患は、むし歯と同様に患者数が非常に多い。年齢と密接な関係があり、10歳代から始まり、年をとるごとに多くなっていき、50歳代では8割近くの人がかかっているといわれている。歯周炎は痛みなどの良覚症状がみられないまま徐々に進行するため、病状の進行に気づくのが遅れて、手遅れになりがちである。組織が破壊され、症状か出はじめてからの治瞭は、かなりの日数を必要とし、組織をもとに戻すのは困難であるため、早期発見が重要である。

症状

歯周炎は歯肉炎が進行して悪化したものであることから、初期の症状だけでは歯肉炎と区別がつかないことが多い。だが、病状がさらに進行すると、歯から歯肉が離れて歯肉ポケットができ、うみがたまってくる。そのうみが排出され、出血が起こってくると、歯と歯の間にすきまができる。そして、歯がグラグラして、物がかみにくくなり、口臭を伴うという典型的な症状になってくる。これがさらに進んだ場合、歯肉が下がって歯根の部分がむき出しになったりして歯のぐらつきがいっそう激しく、そのまま放置すれば歯は自然に抜けてしまうことになる。

原因

局所的な要因と全身的な要因とがある。局所的な要因としては、まず、歯を不潔にしておくと、歯垢や歯石ができ、細菌によって出される毒素や分解産物により歯肉炎が起こりやすくなる。歯ならびや歯のかみ合わせが悪いと特定の歯に強い力がかかり続けるため、歯の歯周組織の耐える限度を超すと、歯周組織が傷つくことになる。舌や指で歯を押すようなくせがあったり、歯ぎしり、歯をくいしばったりするときも同じである。

また、むし歯をきちんと治さなかったり、入れ歯が合わなかった場合も歯肉に刺激が加わる原因になる。パイプをくわえたり、吹奏楽器をくわえても、刺激によって歯周組織が痛んでくることになる。一方、全身的な要因としては、ビタミン欠乏症(ビタミンの基礎知識はこちら)をはじめ、卵巣、唾液腺、甲状腺などの内分泌異常、肝機能障害などにより、歯ぐきの抵抗力が弱まる病気があげられる。とくにビタミン欠乏症と歯周炎とは密接な関係があるといわれている。また糖尿病でも重症の歯周炎が発生することがよくある。これらの全身的な要因に加え、局所的な刺激があると、歯ぐきや歯周組織の反応を悪化させ、破壊作用が強くなっていく。

治療

初期には、歯科医で治療を受け、はれた歯肉のまわりを歯ブラシでみがいていると、歯肉は引き締まり、出血も止まる。炎症がひどいときは、食べかすや、うみがたまるポケットを取り除く小手術を受ける。歯並びやかみ合わせが悪い場合は、その治療を行って原因を排除する。

歯周病は歯への影響だけではない!全身への影響が!なた豆が効く(歯周病のリスク、初期症状、予防方法など)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください