神経性食欲不振症(拒食症)

思春期前後の女性に多く、拒食症ともいう。精神的な原因で食欲を失ったり、肥満を異常に恐れて極端なダイエット(節食と断食)を繰り返す。

症状

極端なやせ(標準体重より20%以上やせている)のほか、無月経、便秘、間食などが特徴。

治療

心療内科医、内科医により行う。正常体重、普通人の食行動になるまで長期間かかる。早めに医師の診察を受けることが、治療期間を短縮させるコツである。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ