クローン病

クローンという医学者が発見したことから、この名がつけられた。はじめは回腸の末端にだけ起きると考えられていたが、その後、大腸や小腸など、どの消化管にも起きることが判明した。おもに若い成人がかかり、潰瘍や腺維化、肉芽腫などができる難病である。

症状

長期間にわたるガンコな下痢が患者の約60% にみられるほか、腹痛や体重減少、肛門部の潰瘍、痔瘻などの症状がある。また炎症は腸の2~3か所に限定されることが多く、しばしば狭窄がみられる。

原因

感染が原因とも、免疫異常が原因ともいわれるが、はっきりしたことはわかっていない。

診断

腹部のⅩ線撮影や内視鏡検査が中心になる。とくに内視鏡検査による生検は、診断の決め手として重要な役割を果たす。

治療

潰瘍性大腸灸と同じく、サルファ剤や副腎皮質ホルモン剤が用いられる。また症状が重い場合には、入院して安静を保つ必要がある。
食事はカロリーが高く、ビタミン類の類の豊富なものをとることが基本である。また手術しても再発することが多いため、最近では大出血や穿孔などでどうしても必要なとき以外は行われなくなっている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください