腕神経叢まひ

症状

まひを起こした場所によってけい異なり、上位型では第五および第六頸椎の脊髄神経根に、下位型では第八頸椎と第一頸椎脊髄神経根に、全型では第五から第八頸椎の脊髄神経根と第一胸椎の脊髄神経根に、それぞれまひがあらわれる。
また外傷性の腕神経叢まひでは、外傷の程度が強い場合に神経が根もとから引き抜かれてしまうこともあり、きわめて重いまひがあらわれる。

原因

腕に延びる神経が、首と鎖骨の間に集まってできた神経の束を腕神経叢という。腕神経叢まひは、この神経が強く引っばられたことが原因で起こる病気で、出産などによって起こる分娩まひと、オートバイで転倒したときなどに起こる外傷性まひに分けられる。どちらのタイプも、まひの分布状態によって、上位型と下位型、および両者をあわせた全型に細分される。

治療

まひの程度が軽い場合には、薬物療法や電気療法などが行われる。そして、もしも神経が途中で切れてしまっていたら、神経移植を行う。
一方、神経が根もとから引き抜かれてしまっている場合には、その神経を元どおりにすることは不可能で、肩関節固定術や肋間神経の移行術、神経筋移植術などが行われる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ