精神発達遅滞

神発達遅滞とは、何かの原因によって、精神の発達が妨げられ、知能に障害がみられる病気である。知能指数の程度によって、最重度、重度、皇守度、軽度というように4段階に分けられている)。

発見

一般に重症の場合には、けいれんを起こしやすいなど脳の障害や、奇形、内臓の病気などによって、生後まもなく発見されることが多い。しかし、軽症の場合は、乳幼児健診でも発見されないで、学泰期になって初めて判明することがある。

原因

胎児期における感染や中毒、先天性代謝異常、遺伝子染色体異常、出産時の障害や頭部外傷などのほか、まれに遺伝、あるいは乳幼児期の脳炎、髄膜炎、はしかなど感染症の後遺症が原因となって起こるものである。

治療

この病気の場合、ほかの一般の病気を治療するという意味での治療法はなく、子どもの障害の程度に合わせて、将来を展望したうえでの育児法を学ばなければならない。その意味でも早い時期に気づき、障害をできるだけ軽度にとどめる努力をする必要がある。

発育や機能の発達をふだんから注意深く観察して、もし異常が疑われるようなら、早めに小児精神科医の診察を受けるようにしたい。そして、身体的な障害がある場合には、その治療を行い、同時に、できるだけ多くのことを見たり聞いたりさせて、毎日の生活を豊かにしてやることが大切である。しかし、無理に押しっけたり、また一度にたくさんのことをさせるのは逆効果である。専門医や児童相談所などの専門家とよく相談して、その子どもに合わせた育て方をすることが大切である。

親として、どのような人間に育ってほしいのかとい、孝之方や願いが、そのままその子どもの人格形成に反映するのだということを忘れてはならない。

予防

発生の予防が重要なことはいうまでもない。そのために、いろいろな方策が講じられている。精神発達遅滞の原因のひとつである、フェニールケトン尿症などの先天性代謝異常の早期発見と早期治療のほか、未熟児の出生予防、胎内ウィルス感染の予防、羊水診断による染色体異常の早期発見などが行われている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ