テタニー(低カルシウム血症)

血清カルシウムの低下によって起こる病気で、新生児テタニー、ビタミンD欠乏症や副甲状腺機能低下によるテタニー、腎障害・過呼吸・嘔吐などによる血中の酸とアルカリのバランス障害が原因となっているテタニーなどがある。

症状の原因

意識障害を伴わない上肢中心のけいれんで、「助産婦の手位」と呼ばれる特有の手の格好をするのが特徴である。新生児がかかる新生児テタニーは、発病時期により、出生直後のテタニーと、古典的新生児テタニーとの2つに分けられる。
新生児、とくに未熟児は出生後に血清カルシウムが一時的に低下することが多く、それに伴ってテタニー症状を起こす場合があり、これを出生直後のテタニーという。おもに生後数分から36時間に起こる。糖尿病の母親から生まれる子に多いが、帝王切開で生まれた子どもや未熟児にも起こりやすい。古典的新生児テタニーは、母乳栄養児にはなく、人工栄養児に限ってみられるもので、生後第1週の終わりから2~3週ごろに発病する。

テタニーの治療にはカルシウムの静脈注射が行われる。

[PR]ビタミンCをたっぷり摂れば骨の成長が促進し、背が伸びる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ