屈折異常

レンズの役目をしている水晶体の屈折異常によって起こる視力障害だが、子どもの場合、目の屈折状態は成長とともに変化することを念頭におく必要がある。

乳幼児期の子どもの大部分と、小学校低学年までの児童の多くは遠視だが、小学校高学年以降になると逆に近視が増えていく。遠視のままか、正視で止まるか、近視まで進むかは、遺伝的な要素とも関係して個人差がある。

近視
水晶体が厚く、屈折力が強すぎて、近くのものはよく見えるが、遠くのものがぼんやり見える状態。小学校入学後に発生し、レンズで正常視力まで矯正できる場合を単純近視といい、裸眼視力0.6以下になったら、必要に応じて眼鏡をかける。一方、幼児期から発生する病的近視は、眼鏡をかけても視力0.2以下の場合が多く、正常視力まで矯正できない。
遠視
水晶体の屈折力が弱いため、遠くのものも近くのものも網膜上できれいな像を結べない。眼鏡で矯正できない場合は弱視と診断される。幼児または年少児で症状がない軽度の場合は放置。症状があれば眼鏡を常時使う。
乱視
角膜のゆがみによって縦方向と横方向の屈折度が異なるために、網膜上にはっきりと像が結べないもの。遠視同様、弱視の原因となるので、軽度の場合以外は眼鏡をつねに用いる。治療は、近視の場合、放射状角膜切開術もあるが、20~30年後、合併症で角膜混濁を起こす可能性が高く、期待するほどの効果も得られないため、小児にはすすめられない。したがって、近視、遠視、乱視、いずれの場合も眼鏡またはコンタクトレンズ(中学生以上)で屈折を矯正する。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ