食物アレルギー

食べたものがからだのなかでアレルギー反応を起こし、いろいろな症状が出る病気。乳幼児の場合は皮膚や消化器の症状としてあらわれることが多い。年長児にも皮膚や消化器、呼吸器などの症状としてあらわれる。 症状 とくに思いあたる病...

感染性消化不良症

急性胃腸炎がさらに進行すると感染性消化不良症を引き起こす。細菌性の場合とウィルス性の場合があり、激しい下痢と嘔吐を伴う。 症状 便が水のようになり、1一日10回を超えることもある。嘔吐の回数も増え、水を与えても吐いてしま...

乳糖不耐症

ラクターゼ活性の低下により、哺乳後に著しい下痢や嘔吐があらわれる。 症状と原因 先天性の場合と後天性の場合とがある。先天性の場合は、腸内の絨毛に本来あるべき乳糖分解酵素(ラクターゼ)が、生まれつき欠損しているもので、ミル...

赤痢

症状 突然発熱があり、さし込むような腹痛、下痢、嘔吐が起こる。はじめは便がやわらかくなる程度だが、しばらくすると、うみや血液が混ざり、1口に何十回もの下痢が続き、脱水症状となる。また、顔面蒼白になったり、けいれんを起こす...

食物アレルギー

症状と原因 腐っているわけではないのに、サバなどの青魚やエビ、カニ、貝類などを食べると、急に具合が悪くなったり、吐いたり、腹痛を起こしたり、下痢をしたりすることがある。 日本人の場合は、牛乳を飲むとこうした症状が出る場合...

過敏性腸症候群

主として大腸の機能に異常が起こっかいようた状態で、潰瘍などがないにもかかわらず、腹痛がして下痢や便秘になる病気である。 以前は過敏性大腸症候群と呼ばれていたが、小腸の運動異常も加わることから、過敏性腸症候群といわれるよう...

ツールバーへスキップ