脊椎分離症 脊椎すべり症

脊椎が前方部分と後方部分に分かれている状態を脊椎分離症という。椎間板が薄くなる椎間板変形症や、変形性脊椎関節症のときに起こりやすい。脊椎すべり症は、骨が前後に分離してしまうと体重や外部からの力はすベて前方の椎体に集中して...

椎間板ヘルニア

背骨は脊椎が積み重なってできているが、脊椎の椎体の間に椎間板という線維軟骨がある。体重や外部からの力が椎体に加わると、椎間板がちょうどクッションのような働きをして力を分散している。 背中を曲げたり伸ばしたりできるのも、こ...

変形性脊椎症

椎間板が老化などで変性し、組織の構造や成分が変化したため、椎間板変性症となり、この病状が進むと変形性脊椎症になる。椎間板のクッション性が少なくなり、椎体と椎体がぶつかりやすくなると同時に靱帯の変化も加わり、骨のふちにトゲ...

ぎっくり腰

症状と原因 せきをしたり、中腰で重いものを持ったはずみに急に激しい腰痛が起こり、そのために腰の運動が阻害される病気である。特別なきっかけもないのに腰痛が起こる場合もある。 腰痛以外に異常がないのがふつうで、20歳代や30...

ツールバーへスキップ