マロリー・ワイス症候群

一度に大量のアルコールを飲んだあとなどに、嘔吐・吐血を伴って起きる病気である。1929年、マロリーとワイスという2人の医学者が発見したことから、このような名がつけられた。

症状と原因

胃と食道の境目にある噴門に、縦長の裂傷ができるのが特徴で、このため多くは飲酒後に激しい胃のむかつきと嘔吐が、吐血を伴ってあらわれる。
しかし、なかには飲酒に関係なく、幽門狭窄食中毒によって起きる嘔吐が原因となる場合もある。
これは、むかつきが起きたとき、胃の幽門が閉じて内容物を上に押し上げ、胃の上部で食道下部の境界である噴門および食道部の粘膜に、損傷を与えるために起こる。

診断

裂傷を確認するために、内視鏡検査を行う。

治療

かつては治癒がむずかしかった病気だが、現在では安静にして薬物療法を行うことにより、完治できるようになった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ツールバーへスキップ